株式会社 住宅情報館

TOP MESSAGE / トップメッセージTOP MESSAGE / トップメッセージ

株式会社住宅情報館 代表取締役社長 二宮 秀生

株式会社住宅情報館 代表取締役社長 二宮 秀生

「盤石の新体制で、新たなる飛躍へ」

近年、リーマン・ショックに端を発する景気後退や東日本大震災など、日本経済は度重なる危機に見舞われました。その後、アベノミクスによるデフレ脱却の期待や、東京オリンピック開催決定など、景気の上振れ期待が高まってきているのも事実です。不動産業界を取り巻く情勢は、刻一刻と大きな変化を遂げています。

平成27年1月、住宅情報館は東証第一部上場企業・タカラレーベンのグループ企業となりました。当社が好業績を続けている今だからこそ、次のステップへ踏み出そうという、戦略的な経営判断によるものです。

住宅情報館は、タカラレーベングループの組織力・信用力を活用し、これまで経営の柱としてきた「売買」「賃貸」「管理」に加え、分譲マンション等の「開発」に力を注ぐ計画です。そしてその相乗効果により、従来の3本柱をさらに発展させ、四国のみならず中国・九州への展開を進めることを目指しております。

失敗を恐れたり、成功におごっていたりしていては、未来の繁栄はありません。私たちは、お客様の持つ不動産の価値を高め、ご満足いただけるよう、常に新しいチャレンジを続けます。住宅情報館、そしてタカラレーベングループに、一層のご支援を賜りますよう、心からお願いを申し上げます。